スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

伊賀焼

「伊賀に耳あり、信楽に耳なし」という言葉を聞いたことがあるでしょうか?
 
焼き物に興味があれば、聞いたことがあるかもしれません。
これは、伊賀焼と信楽焼の特徴を示しています。
 
全国の陶器にはたくさんのものがありますから、中には区別が難しいほど特徴が似ているものがあってもおかしくはありません。
伊賀焼も、日本六古窯のひとつである信楽焼と特徴がよく似ていて、違いと言えば作品に耳がついているかどうかという点だ、ということを伝えるための言葉が「伊賀に耳あり、信楽に耳なし」なのです。
 
伊賀焼は釉薬を施さずに土味を生かした焼き締めの製法で作られ、どっしりとした重量感と硬さがあります。
信楽焼に比べ、幾分茶褐色の土肌をしており、器の表面に長石の粒が荒く噴出しているのが特徴です。
 
この手ざわりは、三郷山から出土する古琵琶湖層と呼ばれる地層の土にあり、良質の蛙目粘土が含まれているためです。
これらの陶土を、1400度もの高温で焼き締めることで、ごつごつとした素朴な土肌があらわれるのです。
 
伊賀焼では、器の焼き肌に透明感のある青ガラスのような色が浮き出ていることがあります。
この神秘的な緑色はビードロ釉というもので、伊賀焼特有の自然釉です。
 
成型や装飾の面で言うと、伊賀焼は器にヘラで模様をつけたり口を歪めたり胴をへこませるなど、人工的に手を加えた造形美が中心となっています。
上記のように、耳がついているのもその一つと言えるでしょう。
 
全国の陶器には、焼成法や使う陶土など、伊賀焼と信楽焼のように似ているものがいくつかあります。
それらの違いを見極めるのも、興味深いものになるでしょう。
 
 muryou018.jpg
スポンサーサイト

テーマ : みんなに紹介したいこと - ジャンル : ブログ

常滑焼

常滑焼は、愛知県常滑市で焼かれています。
常滑と聞くと、人によっては「競艇?」と返事が返ってきたり、中部国際空港セントレアも有名ですね。
 
しかし常滑の町を歩くと至るところに陶器が見られ、かめや焼酎瓶を積み重ねた塀や土管を道に埋め込んであるなど、焼き物の町であることを誰もが実感することができます。
 
ここで焼かれる常滑焼は、全国の陶器の中で最古の焼き物と言われており、急須や湯のみ茶碗のほかに、厚手の壺や花器、植木鉢まで多種多様な日用雑貨が焼かれています。
また常滑焼の特徴として、土管や工業用タイルなどの製品が多いことも挙げられます。
 
常滑焼の肌合いにはすべすべとした手ざわりの急須類と、ざっくりとした土味を残す壺や花器などの2種類があります。
常滑焼の代表作と言われる「朱泥(しゅでい)」の茶褐色の急須は、陶土にベニガラという酸化鉄を混ぜて焼き締めた無釉陶器です。
 
全国の陶器の中でもこの赤い急須を見れば「常滑焼」と分かるほど特徴的なものですが、これはなめらかな手ざわりが魅力で、長く使い込むうちに艶が出てきます。
いっぽうのざっくりとした手ざわりの壺などは、常滑周辺から出土する鉄分を多く含んだ山土などで焼かれたものです。
 
常滑焼の器は焼き締めが中心で、大半のものは釉薬を掛けていません。
しかし中にはしぶい緑色をした釉薬が肩口から流れている壺などもあります。
 
これは燃料となる薪の灰が窯の中で溶け、焼き物に付着して釉薬へと変化したもので、自然釉と呼ばれています。
草木の灰を利用した灰釉も、自然釉と同じ風合いを引き出す効果があります。
 
 
陶器

テーマ : みんなに紹介したいこと - ジャンル : ブログ

瀬戸焼と赤津焼

愛知県の瀬戸市を誰もが知る焼き物の町として知らしめたのが、通称せとものと呼ばれる瀬戸焼です。
瀬戸焼にはこれと言って目立つ特徴が見つかりにくいのですが、逆に全国の陶器のスタイルを一度に楽しめるという点が特徴かもしれません。

瀬戸焼が、素朴な民芸調から優雅な染付けまで、全国の陶器を模倣できているのにはいくつかの要因があります。
そのひとつとされるのが、市内の採掘場から良質な陶土や陶石が豊富に出土しているということです。
なかでも、石英分を多く含んだ赤津蛙目粘土(あかづがいろめねんど)は陶器の主原料となり、可塑性の高い本山木節粘土は陶磁器の主原料となっています。
 
瀬戸焼の発祥の地とされている猿投山に抱かれた赤津町では、現在は磁器が中心となりつつある瀬戸焼の中で、「赤津焼」という国の伝統工芸品に指定されている陶器を主体に焼いています。
 
赤津焼には伝統的な釉薬が7種類ほどあり、中でも灰釉や古瀬戸釉(こぜとゆう)、御深井釉(おふけゆう)が特徴的な釉薬として挙げられます。
灰釉は草木の灰を用いたもので、焼き上げると緑色の美しいビードロ状になり、平安時代から受け継がれてきた古典的な釉薬です。
古瀬戸釉は茶陶などに多く見られ、鉄釉の一種で木灰に砕いた鬼板粘土を混ぜたもので、釉薬をかけた黒色の表面に茶褐色の斑模様が出るのが特徴です。
 
そして御深井釉は、灰釉の一種で青みを帯びた美しい色を生み出しています。
他にも、志野や織部、黄瀬戸などの釉薬も見られますが、これは隣接する美濃焼の影響を受けたものと思われます。



テーマ : みんなに紹介したいこと - ジャンル : ブログ

瀬戸焼

焼き物全般のことを「せともの」と呼びますよね。
 
いまや「せともの」の呼び名で日本の食器の代名詞ともなっているのが、愛知県瀬戸市で焼かれる瀬戸焼です。
昔から、瀬戸市一帯は窯業が盛んな地域であったようで、瀬戸という地名も「陶都(すえと)」から転じて「せと」になったとも言われています。
現在でもこの辺りは全国の陶器を代表する一大窯業地帯となっています。

しかしながら、これほどにまで有名な瀬戸焼ですが、現在の瀬戸焼では一部の茶器を除くとこれといった特徴があまりないのが実際のようです。
逆に言えば、古典的な焼き締めの壺から、素朴な化粧土がほどこされた花瓶や民芸調の絵が描かれた皿などの陶器に至るまで、種類が豊富なことで全国の陶器のスタイルを一度に楽しめる、という点が特徴なのかもしれません。

瀬戸焼の代表である磁器は、19世紀の初め頃、磁祖と呼ばれる加藤民吉(かとうたみきち)によって創始されたものです。
有田焼とはまた違った独特のぬくもりを備えており、やがて絵付けの技術も発達してさまざまに展開し、日本の焼き物界で一世を風靡しました。
落ち着きのある白磁や気品に満ちた染付けや上絵は大変魅力的なものですが、瀬戸焼の人気が高まったことで大量生産の道を歩むこととなり、作品としての特徴をやや失ってしまった、という感があるのも否めません。

しかし、特徴が薄く一般的でも、丈夫で飽きが来ないという点では、日常使いのの食器としては最も理想的であると思います。


テーマ : みんなに紹介したいこと - ジャンル : ブログ

渋草焼

渋草焼の故郷、岐阜県高山市は、その昔、徳川幕府直轄の天領地として栄えた町です。
また、飛騨山中の木材の集積地としても大変に栄えていました。
現在でも全国から観光客の集まる高山祭りでは、豪華な山車などに当時の繁栄ぶりをうかがうことができます。

全国の陶器を扱う町にはそれぞれの特徴がありますが、ここ高山市を代表する渋草焼も、高山の豪勢な町人文化の中から生まれた焼き物と言えます。
渋草焼の特徴として挙げられるのは、地元で採れる特産の渋草陶石を主原料とした透明感のある磁器と、飛騨の山から採れる土を使った陶器の2種類があることでしょうか。

渋草焼で扱われる磁器では、青白く光沢のある素地に、美しい染付けや赤絵が描かれており、食器や装飾品など高級感のただよう器となっています。
渋草特有の絵付けも、その特徴となっており、透き通るような青白い時期には呉須(ごす)で描いたザクロ文様や唐草文様などの「渋草調」と呼ばれる染付けや赤絵の装飾が施されています。
この赤絵は、陶器の方にも描かれますが、こちらは土味を生かしたしぶい雰囲気のものが多く、花器や茶器が中心となっています。
陶器に描かれる赤絵の方は、九谷の陶工に影響を受けたと思われる絵柄が多く、花をモチーフにしたものや子どもなどの人物紋様が描かれています。
土色をいかしているため、絵柄の色も落ち着いたしぶめの感じになっています。

全国の陶器にあまり興味がなくても、旅行好きな人なら高山という観光地を一度は訪れる機会があるかもしれません。
その時は、歴史ある高山の町で生まれた渋草焼を手に取って触れてみてください。

テーマ : みんなに紹介したいこと - ジャンル : ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。