スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小久慈焼

今回は東北の焼き物、小久慈焼を紹介していきましょう。

素朴な土臭さを残している小久慈焼は、江戸時代の後半に岩手県久慈市で開窯したと言われています。
当初は久慈焼と呼ばれていたのですが、良質な粘土がとれる小久慈に窯を移してから小久慈焼と呼ばれるようになったそうです。

小久慈焼は、そのしぶみと素朴さを持つ釉薬が認められて、八戸藩の御用窯を務めていました。
しかし時代は流れ、明治時代に八戸藩からの援助もとだえてしまうと、藩窯から民窯へとその形を変えて行ったのです。

小久慈焼の印象として言えることは、有田焼や久谷焼のような装飾品としての華やかさはありませんが、素朴で温かみのある焼き物であるということです。
地元の久慈周辺から出土する久慈粘土や、小久慈白土などの陶土を生かして作られた焼き物は、まるで東北女性の肌のように白っぽい土味を見せてくれます。
小久慈焼は伝統的なろくろ成形でひとつひとつ手作りで、鉄釉や飴釉などの茶色の釉薬と、もみ殻の灰を利用した糠白釉(こうはくゆう)と呼ばれる乳白色の釉薬が施されます。
どっしりとした厚手の器に趣のある釉薬がたっぷりとかけられたその姿は、朴訥とした東北人の気質をあらわしているようにも感じられます。
全国の陶器にはいろいろありますが、その印象も土地柄をあらわしているのですね。

また小久慈焼では主にほのぼのとした趣のある茶器や酒器、花器から、ぼってりとした量感のある片口やすり鉢といった日常雑貨が中心となります。
人々の生活に密着した焼き物と言えますね。


スポンサーサイト

テーマ : みんなに紹介したいこと - ジャンル : ブログ

焼き物の部分の名称

全国の陶器には、地域によって素材や模様、形に特徴があるので、とても興味深いものです。
そして、その焼き物の部分名を覚える事で、さらに興味がわくことでしょう。

例えば全国の陶器市にでかけ展覧会などで器を観賞するときに、部分の名称がわからないと、係の人や一緒に行った仲間との話も要領を得なくなってしまいます。
そこで、ここでは茶碗を例にとって各部分の名称についてお話したいと思います。

まず口をつけるところを「口」もしくは「口縁(こうえん)」と言います。
外側は「胴」で底近くが「腰」、腰のすぐ下で底へ向かって曲がっているところが「高台脇(こうだいわき)」、底のでっぱりにくっついている部分が「高台際(こうだいぎわ)」です。
中のお茶が入る部分は「見込み」、底のお茶が溜まるところは「茶溜まり」です。
茶碗の下の部分には丸い底がついている場合が多いのですが、これは「高台」と言います。
ひっくり返して底部分の輪の中を「高台内(こうだいうち)」、高台の接地部分を「畳付き」と言います。
お抹茶をいただくお茶会などでは、茶碗を畳に置きますよね。
そのため茶碗の一番底にこの名前が付いたと言われています。

高台の模様などにそれぞれの焼き物の特徴があらわれていることも多いので、茶碗を手にとって各部分を眺めてどこの焼き物なのかを判別出来るようにすると、もうベテランですね。

また茶碗だけでなく壺や瓶(かめ)にも各部分に名称があります。
上から口、頸、肩、胴、腰となります。
物を入れておく部分が胴になりますが、その壺の形によって胴長のものもあったり、胴が短いものもあります。


2008101322044_1.jpg

テーマ : みんなに紹介したいこと - ジャンル : ブログ

器選び

家庭の食器を選ぶ時、何に注目して購入していますか?

今や百円ショップでもお茶碗が買える時代ですが、数ある全国の陶器の中からこだわりの逸品を手に入れるべく、あちらこちらへと探し求める人もいる事でしょう。
全国の陶器市などが開催されていれば、そちらへ出かけてみるのもお値打ちな掘り出し物と出会えるかもしれませんね。

さて、食器を選ぶときのいくつかのポイントをここで紹介したいと思います。
まず、おしゃれな雰囲気にこだわらず多目的に使えて飽きのこないシンプルなデザインのものから揃えることをおススメします。
使い道も考え、熱いものを盛り付けるなら磁器よりは陶器、など用途に合わせて選ぶ事も大切です。
始めは形や模様がシンプルなものを使い、しだいに趣の凝ったものを揃えていくことで、楽しみも増えていきます。
次に家族に合わせた器選びをすることです。
小さな子どもがいる家庭では、実用面を重視して選びたいですし、お年寄りには重い器は避けたいところです。
また、家族全員が同じ器でなくてもいいと思います。
大きさがほぼ揃っていて、それぞれに味わいがある器なら、わざわざ5客セットの器を買うより楽しい趣向になるでしょう。
実際に購入するときには、ぜひ両手でその器を持って重みや硬さ、手ざわりの良し悪しを感じてください。
裏返して見て、器の安定感も確認しましょう。

いい食器を選べるようになるには、まず焼き物を好きになり、それぞれの特色を知ってからたくさんの器を見て回り、目を養うことでしょう。
和食器の専門店を回り情報を集めたり、趣味の合う仲間と陶器市に出向いたりして、楽しく器選びをして下さい。



テーマ : みんなに紹介したいこと - ジャンル : ブログ

焼き物の原料

全国の陶器には様々なものが存在しますが、有名なものならば、誰しもがその名前を聞いているでしょう。
それぞれの特徴は知らなくても、これらの焼き物が何で出来ているのかは大体予想がつくのではないでしょうか?
そうですね、焼き物は土を原料として作られています。

焼き物の原料となる土には、粘土と陶石があり、粘土は陶器を作るために使われ、陶石は磁器を作るための原料となります。

★粘土
 粘土は陶器をつくるための陶土に使われます。
 しかし粘土はそれだけで作ると、乾かしたり焼いたりするときに大きく収縮してひび割れたりゆがんでしまうことが多くあります。
 それらの欠点を補うために、珪石(けいせき)と長石(ちょうせき)を混ぜて使います。
 珪石は土の粘り気を調整する役割を持ち、長石は1000度以上の高温で周囲の成分を溶かしてガラスを作ります。

★陶石
 陶石は磁器を作るための磁土の原料となります。
 主成分は珪酸(けいさん)で、これは白磁鉱と呼ばれる石英粗面岩(せきえいそめんがん)を微粒子状態にまで砕いた白い粉状のものです。
 しかし主成分である珪酸が、成形した形を維持する性質を邪魔してしまうため、これに良質の粘土を混ぜて使います。
 ただ、数ある全国の陶器・磁器の中には、粘土を混ぜなくても磁器の原料として適しているものもあり、それが熊本県の天草石です。

また、焼き物全般を広い意味で陶器と呼ぶのと同じように、焼き物作り為に調整した土のことを単に粘土と呼ぶ事もあります。


2008101321251_3.jpg

焼き物の種類

焼き物に興味ありますか?

焼き物と聞くと、「良さがいまひとつ分からない」「なんだか難しそう」と敬遠してしまう人もいるかもしれませんね。
全国の陶器には「○○焼」と呼ばれるたくさんの焼き物があり、ときにものすごく高額な値段で販売されているため、一歩引いてしまうのも仕方ないかもしれません。
でも、普段の暮らしの中をよく見回してみると、焼き物に触れない日はないくらい、私たちの身の回りには焼き物があふれています。

毎日の食事に使うお茶碗や湯のみ、コーヒーカップ、それに食器に限らずお風呂のタイルやトイレの便器、庭に出れば植木鉢などなど。
焼き物で出来ているものは、意外に身近に存在しているのです。

さてこれら焼き物ですが、大きく分けると土器、陶器、磁器、石器の4つに分類されます。
また、これら焼き物を全般に陶器と呼ぶこともあります。
全国の陶器には産地によっていろいろな焼き物がありますが、それぞれの特徴は以下の通りです。

土器は縄文・弥生時代から始まった焼き物のことで、粘土を原料として比較的低温で焼かれ、もろく壊れやすいです。
また吸水性がある上、普通は釉薬などをかけないので、水などを入れておくのにはむきません。
現在、目にするもので言うと、植木鉢などがあります。
陶器も粘土を主原料とした焼き物ですが、こちらは釉薬を用いて器の表面にガラス質の層を作ることで水漏れを防いでいます。
陶器は磁器に比べてもろいため、厚手のものが多く、指ではじくと鈍い音がします。
代表的なものは益子焼や唐津焼、美濃焼などです。
磁器は陶石が原料の磁土でできた焼き物で、焼き上がりが硬く、薄手で繊細な器に仕上げることができます。
素地が白く、透光性があります。
代表的なものに有田焼、九谷焼、砥部焼などがあります。
石器は磁器と陶器の間の性質を持ち、備前焼、伊賀焼、信楽焼などの焼締がそれです。


テーマ : みんなに紹介したいこと - ジャンル : ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。