スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

無名異焼

健康になる器がある!?

全国の陶器にはいろいろな特徴を持った焼き物がありますが、実はその器を使ってお茶を飲むと病気が予防できると言われている焼き物があるのです。
新潟県の無名異焼(むみょういやき)がその焼き物です。

無名異焼に使われる陶土は粒子がとても細かく、高温で焼いたときの収縮率も高いので、その性質を利用して釉薬をかけずに焼く「焼き締め」が一般的になっています。
また、無名異焼には普通の陶器に見られるようなざらつきが少なく、艶やかな光沢が見られるのですが、それは石や鉄ベラなどを使って成形後と焼成後に2回の研磨作業を行なうことによります。
使えば使うほどに艶が増してくるのもこの焼き物の魅力と言えます。
全国の陶器の中では珍しく、叩くと澄んだ金属音を発するのも無名異焼の特徴のひとつです。

そしてこの器を使うと病気の予防になる、というその訳ですが、これは陶土に使われる鉄分を豊富に含んだ赤褐色の粘土にあります。
これは昔から止血などの薬用にもなっていた土で、この土を混ぜて作られた湯飲み茶碗や急須でお茶を淹れて飲めば、中風や胃腸の病気の予防になると言われています。
佐渡金山から生まれた土が薬から陶土へ。人々への恩恵は金だけではなかったようですね。

新潟県の相川町には、伊藤赤水や三浦常山など無名異焼の名工たちの作品が見られる展示館や、陶芸体験のできる窯もあります。
独特の赤褐色をした無名異焼!一度、見に出かけてみるのもいいかもしれませんね。


2008101741746_3.jpg
スポンサーサイト

テーマ : みんなに紹介したいこと - ジャンル : ブログ

釉薬について

ここまで、いくつかの焼き物を紹介して、全国の陶器にはそれぞれの土の違いや工法、釉薬の違いによって特徴が異なっていることがわかってきたと思います。
そこで、ここでは釉薬について少しお話をしていきましょう。

全国の陶器で有名な町を訪れて、焼き物のお店に入って器を手にとってみても、例えば緑色のとろりとした色がかかっていたり、真っ黒だったり、図柄があったり、と茶碗ひとつをとってもどれも同じではありません。
これは形もさることながら、かけてある釉薬が異なるからです。
釉薬とは焼き物にかけるうわぐすりのことで、陶磁器の表面にくっつけたガラス質の皮膜のことを言います。
この釉薬をかけて焼くことで吸水性をなくすと同時に装飾性を与えます。
釉薬の成分はガラスの成分の一つである長石(ちょうせき)、アルカリ性溶液、浸透性のないアルミニウムなどが含まれています。

釉薬も様々であり、色での分類で言うと、緑釉(りょくゆう)、黄釉(おうゆう)、褐釉(かつゆう)、黒褐釉(こっかつゆう)などがあります。
緑釉は鉛緑釉と銅緑釉があり、成分は違いますがどちらも緑系の色を示します。
黄釉は灰釉(かいゆう)という灰を原料とした釉薬を高温で溶かすと灰の成分が黄色になるという方法です。
茶色系の褐釉は、鉄釉という鉄分から色をとる釉薬から取り出したりします。
例えば、「緑がかっているから織部なのかな」と、織部の特徴が緑釉にあることなどを知ると、また焼き物を見方が変わるでしょう。


テーマ : みんなに紹介したいこと - ジャンル : ブログ

月夜野焼

月夜野焼(つきよのやき)という名前を聞いた事がありますか?

とても美しい名前に魅かれて調べてみると、全国の陶器の中でも月夜野焼はまだまだ歴史が新しく、昭和50年からと言われています。
当時、群馬県利根郡月夜野町を散策していた陶芸家の福田祐太朗が偶然にも上越新幹線のトンネル工事現場から排出される土の中に焼き物に適した土を発見したのが始まりみたいです。
福田氏の故郷である有田焼の技法を参考にして、その後の研究を重ねて月夜野焼を完成させました。
これが群馬県最初の本格的な焼き物である月夜野焼です。

月夜野焼では、マグカップや飾り皿、一輪差しなどの日用雑貨から芸術性の高いオブジェまで幅広く焼かれています。
独特の滑らかな肌ざわりは、新幹線のトンネル工事で排出された磁器質流紋岩(じきしつりゅうもんがん)などを混ぜた月夜野陶土によるものです。
また月夜野焼をいろどる情熱的な赤やしぶい緑色は、銅を基本にした釉薬・銅紅釉(どうこうゆう)によるものです。
釉薬の特徴として、燃え立つ炎のような真っ赤な辰砂釉(しんしゃゆう)、赤と緑の微妙なコントラストが孔雀の羽根のように美しい孔雀釉、光沢を消して緑青のしぶい色合いをかもし出す青銅釉などがあります。

数ある陶器の中でも、トンネル工事から生まれた焼き物という変わり種は他にはないでしょう。
現在、この地域では陶芸教室なども盛んに開かれ、隠れた観光スポットにもなっています。


2008101321715_1.jpg

テーマ : みんなに紹介したいこと - ジャンル : ブログ

笠間焼

陶器の中でも名の知れている益子焼や平清水焼ですが、これらの焼き物の陶祖が「笠間焼」の技術を学んでいたといいます。
つまり笠間焼は益子焼よりも古い歴史を誇っているわけですね。
江戸時代の中ごろに、信楽の陶工であった長右衛門(ちょうえもん)が茨城県のこの地を訪れ、久野半右衛門(くのはんえもん)と共同で窯を開いたのが笠間焼の始まりと言われます。

笠間焼の特徴は、と聞かれると「特徴が無いのが特徴」と答える人も多いと思いますが、笠間焼では民芸風の徳利から斬新な花器まで、個性豊かな作品が魅力となっています。
焼かれる器は主に安価で丈夫な水瓶やすり鉢、徳利など庶民の生活に密着したものが中心となっていますが、最近では斬新なデザインがほどこされたコーヒーカップや絵皿など、多種多様にわたって焼かれています。
最近の傾向としては、若い陶芸家の手によって、芸術的なオブジェや陶壁なども焼かれているようです。

笠間焼のどっしりとした手ざわりは、関東ローム層から出土する笠間粘土や花崗岩の風化によってできた鉄分を多く含む蛙目粘土(がいろめねんど)と呼ばれる陶土によるものです。
その陶土を丹念に練り、ろくろを回し手びねりという技法を使って、ぽっちゃりとした丸みを持たせ手にぬくもりを感じられる器が生み出されます。
笠間焼で主に使われる釉薬には緑釉、柿釉、飴釉、黒釉、糠白釉があり、これらの釉薬の持ち味を引き出すくすり掛けとして、流し掛けや浸し掛けなどがあります。

これらの技法を駆使して、伝統的な壺からクラフト調のカップ、織部風の皿まで、いろいろな個性にあふれた笠間焼が誕生しているのです。
さまざまなの陶器の特徴を集約したのが笠間焼である!とも言えるかもしれませんね。

テーマ : みんなに紹介したいこと - ジャンル : ブログ

益子焼

陶器にだいぶ興味を持っている方で、全国の陶器を訪ねてその地を旅した事はあるでしょうか?
関東屈指の窯場である益子では、町の中に焼き物の販売店はもちろん資料館や公園も存在し、陶郷としての姿を見せて旅人を楽しませてくれています。

その益子の焼き物、益子焼と言えば、厚手でどっしりとした茶碗や皿が思い出されるのではないでしょうか。
益子焼の特徴は、民芸調と言われ鮮やかな色彩や細やかな図柄もなく、地味で飾り気のない素朴な色合いとなっています。
窯を開いた当初から、皿や壺、茶碗といったお茶の間で使われる日用雑貨を中心に焼かれてきました。
毎日の生活に密着した焼き物なのです。
全国の陶器にはそれぞれの代表作のようなものがありますが、益子焼では側面にのびやかな筆運びで山水などが描かれた土瓶が代表となっています。

益子焼の一番の特徴とされる、厚手でどっしりとした手ざわりは、栃木県内から出土する新福寺粘土などの気泡性を持つ荒い陶土に木節粘土を加えた土によるものです。
釉薬には木や石を原料にした自然釉が用いられ、特に透明な色合いの並白釉(なみじろゆう)や乳白色の糠白釉がかけられることが多いです。
他には地元特産の芦沼石を原料にした茶褐色の柿釉(かきゆう)や黒釉(こくゆう)などもあります。
装飾技法としては、釉薬をほどこした器の表面に刷毛を使って化粧土をかける刷毛目や、指で簡単な模様を描く指描などがあります。
また鉄や銅などを用いて土瓶や茶碗に山水や植物(鉄絵や赤絵など)を描くのも益子焼の特徴のひとつです。


テーマ : みんなに紹介したいこと - ジャンル : ブログ

平清水焼

全国の陶器の中でも東北地方の焼き物は、どこか素朴でなんとなく土臭い印象のものが多いですが、平清水焼は東北には珍しく洗練された色合いと独特な肌触りが特徴となります。
平清水焼は山形県山形市平清水の大地主が、笠間焼の陶工である小野藤次平を招いて地元の土を使って陶器を焼かせたのが始まりと言われています。
江戸時代の後半からは伊藤藤十郎や渡辺五兵衛らにより、それまで粗陶器が中心だったところに磁器を焼くようになってきました。

美しい磁器の生産に成功した平清水焼は、白地に青色の絵付けをした皿や茶器、酒器など食器類を盛んに作るようになり、一時は数ある全国の陶器の中でも「焼き物と言えば有田か平清水」と言われるほどの称賛を浴びていました。
しかし時代が明治から大正に移るころには陶器が中心となり、火鉢やかめ、徳利などが焼かれるようになりました。
器の色も、透明感にあふれた白地から、鉄釉を主体にした茶色に変わっていきました。

さて平清水焼の特徴として挙げられるのは、何と言っても「梨青瓷(なしせいじ)」でしょう。
これは青緑色の器の表面に梨肌のような黄色の斑点が浮き上がっているもので、そのザラザラとした感触と、一般的な青磁とは異なった落ち着いた色合いが魅力となっています。

また梨青瓷と並んで平清水焼の特徴とされているのが「残雪」と呼ばれる釉薬です。
この残雪釉は平清水を代表する釉薬のひとつで、艶消しの白釉によるものです。
釉薬のかかり具合によって水墨画のようなきれいな濃淡があらわれる事もあり、上品で端正な器の形をいっそう引き立てます。
雪国である山形県の土地柄にふさわしい名前ですよね。


2008101322044_4.jpg

テーマ : みんなに紹介したいこと - ジャンル : ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。