スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

焼き物の種類

焼き物に興味ありますか?

焼き物と聞くと、「良さがいまひとつ分からない」「なんだか難しそう」と敬遠してしまう人もいるかもしれませんね。
全国の陶器には「○○焼」と呼ばれるたくさんの焼き物があり、ときにものすごく高額な値段で販売されているため、一歩引いてしまうのも仕方ないかもしれません。
でも、普段の暮らしの中をよく見回してみると、焼き物に触れない日はないくらい、私たちの身の回りには焼き物があふれています。

毎日の食事に使うお茶碗や湯のみ、コーヒーカップ、それに食器に限らずお風呂のタイルやトイレの便器、庭に出れば植木鉢などなど。
焼き物で出来ているものは、意外に身近に存在しているのです。

さてこれら焼き物ですが、大きく分けると土器、陶器、磁器、石器の4つに分類されます。
また、これら焼き物を全般に陶器と呼ぶこともあります。
全国の陶器には産地によっていろいろな焼き物がありますが、それぞれの特徴は以下の通りです。

土器は縄文・弥生時代から始まった焼き物のことで、粘土を原料として比較的低温で焼かれ、もろく壊れやすいです。
また吸水性がある上、普通は釉薬などをかけないので、水などを入れておくのにはむきません。
現在、目にするもので言うと、植木鉢などがあります。
陶器も粘土を主原料とした焼き物ですが、こちらは釉薬を用いて器の表面にガラス質の層を作ることで水漏れを防いでいます。
陶器は磁器に比べてもろいため、厚手のものが多く、指ではじくと鈍い音がします。
代表的なものは益子焼や唐津焼、美濃焼などです。
磁器は陶石が原料の磁土でできた焼き物で、焼き上がりが硬く、薄手で繊細な器に仕上げることができます。
素地が白く、透光性があります。
代表的なものに有田焼、九谷焼、砥部焼などがあります。
石器は磁器と陶器の間の性質を持ち、備前焼、伊賀焼、信楽焼などの焼締がそれです。


スポンサーサイト

テーマ : みんなに紹介したいこと - ジャンル : ブログ

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。